• このエントリーをはてなブックマークに追加

理性よりも感性

こんばんは

佐藤文昭です。

心って様々な事で動きますよね

心はコロコロ、
ほんと毎日動きます。

 

たった一人との出会いで心が動き人生が変わったり、
たった一つの文章を読んで心が動き人生が変わったりします。

 

ほんと人生って面白いですね

 

僕は本や映画が大好きなので、本や映画を見る度に
大きく心が動いたり
小さく動いたりしています。

ジブリ映画はここ3ヶ月くらいで50回近く見ているかもしれません

そんな中で、一度読んだだけでも
、一度見ただけでも今でもずっと僕に影響を与えてくれているお話がいくつかあります。

 

 

ある施設の子供の実話も一生忘れないお話です

 

ある夫婦のもとに自閉症の子供が生まれました。

はじめは夫婦で一生懸命に育てましたが、
お母さんが突如子育てに耐えられなくなったのか家を出ていってしまいました。

お父さんはその子を一生懸命に育てながらも、
その子を育てる為に外に働きに出なければいけませんでした。

 

自閉症の子供の子育てと仕事の両立。

はじめは何とか頑張っていたのですが
やはりそれも難しくなり、
お父さんはやむをを得ずその子を施設に預ける事にしました。

 

その子は施設で元気に育っていきましたが、
施設を出て行かなければいけない年齢になってしまいました。

施設の先生はその子が施設を出る前に
せめてお金の価値だけでも教えようと思い、
1円玉から500円玉までを全て並べて、

 

「この5円は1円よりも価値が高いんだよ」

「この10円は5円よりも価値が高いんだよ」

「この50円は10円よりも価値が高いんだよ」

と、丁寧に教えていきました。

 

 

毎日毎日それを繰り返し教え、
施設を出る前にテストをしてみました。

1円玉から500円玉まで並べてどれが一番価値が高いか聞いてみたのです。

するとその子は10円玉を指差しました。

「違う違う、一番価値が高いのはこの500円玉よ」

と、また一からお金の価値を教えなおしました。

 

そして数日経ち、またテストをしてみる事にしました。

「どれが一番価値が高いかな?」

すると、その子はまたもや10円玉を指差しました。

「何度言ったらわかるの?だからあなたはダメな子なのよ」

と、施設の先生はついつい怒ってしまいました。
その子はうつむき目には涙が浮かんでいました。

近くで見ていた別の先生が近づいてきて、その子に優しく聞いてみました。

 

「どうしてその10円が一番価値が高いのかな?」

するとその子は公衆電話を指差し、

「あそこにこれを入れると大好きなお父さんの声が聞けるから」

と、言ったのです。

 

周りの先生達は「はっ」と気づき、そして同時に涙が溢れてきました。

一人の先生が、

「お金の価値がわからないのは私達の方かもしれないね」

と、言いました。

 

このお話は、僕の中でいつも大切にしているものです。

 

この物語を知って、
今の自分の手がけている人生を見直してみると、
何か違った見え方ができたりします。

 

心がコロコロと動いてくれたせいではあるのですが、
波動が変わったという言い方もできるかもしれません。

 

人は見るもの聞くものによって波動が大きく変わっていきます。

怖い映画、怖い話を聞いただけで夜が怖くなりますよね。

それは怖い波動に自分が影響を受けて、自分も怖い波動になってるからです。

だから「カタッ」っとしただけで「ビクッ」っとするわけです。

 

 

僕は自分が手がけているビジネスのコンセプトを考える時は
先に僕が描きたいコンセプトに合った音楽を聴いたり、
描きたいコンセプトに限りなく近い世界観に触れるようにしています。

 

すると自分がどんどんその世界観に俯瞰されていき、
そのポジションから企画を考えられるようになっています。

現代の機軸となっているのは「理性よりも感性」です。

 

つまりは論理的なものよりも、
感情的に影響を受けたものに人は意思決定を及ぼします。

感情的、つまりはストーリーを描く力やデザインの力が今後益々強くなっていきます。

 

このストーリーを描く時、
さらにはデザインを創造する時にはこの波動はさらに影響していきます

 

僕の6年前に出した処女作である小説、
「吃音センセイ -桜舞う校庭で-(講談社)」
http://amzn.asia/5fGs30a

を描いた時は永遠と「いきものがかり」の「SAKURA」を聞き続けていました

 

 

吃音というハンデを持ちながらも強く生き続けて
国語の教師になった実話をもとにしているのですが、
その素敵な先生が桜が大好きだったので、この曲を聴きながら桜を描写していきました。

 

おそらくこの小説を書いている時に、
まったく違う曲をテーマソングにしていたら、また別の小説になっていたと思います。

 

それくらい人は波動の状況に大きく影響を受けます。

 

もしビジネスモデルを新しく考えようと思った時などは、
考える場所を変えてみたり、音楽を聴いてみたり
、先にストーリーを読んでみたりと環境を変化させてみてください。

 

これまでだったら絶対に思い浮かばなかったような
ビジネスモデルがどんどん出てくると思いますよ

 

 

PS.
先日、『私の頭の中の消しゴム』をはじめ
大ヒット映画を日本に持ち込んだチーフバイヤーの永井さんを含めて
ワイワイ映画製作について語る会というのを開催しました

 

皆さんそれぞれの世界観を持っていてそれを語り会う会でして、
めちゃめちゃ面白かったです

 

永井さんはとても仲良しの友人なのですが、
このLINEでも何度も紹介させて頂いた「刷り単」の著者でもあります。
灘高、東大法学部卒といういわゆる天才です。

 

「刷り単」は今回僕は監修役として参加させて頂いていますが
、お陰様で毎月増刷の今は6万部突破という状況です

 

今、メディア戦略も考えていて、

 

こういう面白くて笑えて、
でもいつの間にか覚えてしまうという映像も作り始めています

PS2.

ザ・ビリオネア・テンプレート
http://amzn.asia/6YqBldB

も絶好調です😉✨

今、どんどん売上ランキング1位の書店が増えて行ってるようです

 

間もなく、電車広告等もはじまります。
多くの方の手に届いて頂けたら嬉しいなって思います。

ありがとうございます。

 

 

PS3.

先週末は僕のグループ会社の1社でゴルフコンペがありました⛳

 

フルメンバーでの参加ではなかったのですが、
めちゃめちゃ楽しくまわれました✨

後半はずっと酔っ払いながらのゴルフとなりましたが(笑)、
見事3連覇を果す事ができました😉👌

 

普段は仕事で頑張る仲間達と一緒に
こうやって楽くワイワイできる事も本当に幸せな事だなって実感しました😌✨

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


今なら、“お金の秘密手帳”が1ヶ月無料

著書好評発売中!

吃音センセイ [ 佐藤文昭 ]

吃音センセイ [ 佐藤文昭 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

ザ・ビリオネア・テンプレート[ 泉忠司 ]

ザ・ビリオネア・テンプレート [ 泉忠司 ]
価格:1728円(税込、送料無料)

SNS

佐藤文昭インスタグラムバナー 佐藤文昭フェイスブックバナー 佐藤文昭アメブロバナー

Instagramはこちら

Instagram

カテゴリー